仕事の付き合いや接待、友達との遊びなどでキャバクラに行くことってあると思います。

キャバクラ嬢も仕事なのでお客様をもてなしたり、時には楽しませて盛り上げたりなど大変です。

ですが、そんなキャバ嬢でもお客様ではなく一人の男性として見てしまうことも・・・

今回はそんな「キャバクラでモテる嘘みたいなキャバクラテクニックについて」ご紹介したいと思います。

酔いが回ってきてもガツガツせず、紳士的に振舞う

キャバクラでよくある失敗がガツガツしすぎて嫌われたり、オラオラ感を出して嫌われることが多いですが、キャバクラはあくまでお酒を飲みながら女の子としゃべる場です。

ですので、下心丸出しでしゃべっても嫌われますし、オラオラ感はめんどうなことになることも・・・ あくまで紳士的に振る舞いましょう。

プライベートなことは絶対NG

キャバ嬢にかぎった話ではありませんが、初対面の人に深いプライベートの話を聞いても答えてくれないどころか警戒されてしまいますよね!

「どの辺に住んでるの?」 「彼氏いるの?」 などは初対面では聞くべきことではないので基本的にプライベートの詮索は絶対にやめましょう。



ボディータッチは絶対にしない

キャバ嬢という仕事上、ボディータッチされることもありますが、キャバクラはそういうお店ではないので、ボディータッチは確実に嫌われます。

キャバ嬢から好かれたい、アフターデートしてみたいという人は絶対にボディータッチはやめましょう。

 さらに付け加えるとボディータッチはお店の黒服や店長、最悪、裏の怖いお兄さんなどとの問題に発展してしまうこともあります。

そういったトラブル回避のためにもボディータッチはやめておきましょう。